« ★犬山城:初登城★ | トップページ | ★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(8)★ »

2011年2月 8日 (火)

★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(7)★

★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(7)★

http://www.golfriron.com/masterg/H2319golf

その後もシャドウスイングを      
毎日続けている。

相変わらず安藤氏(&OR事務局)
から毎日の様にメイルが届く。

最近は安藤氏のボイスメイルが来る
ようになった。
レッスンの受講生に対するQ&Aの

スタイルになっている。

なかなか丁寧で判りやすい。

現状の私にぴったりの質問もあるがそうでないものもある。今は「テークバックの形」を模索している。

DVDを買っていないので不明のところも多い。

84スイングドリル」、「93スイングドリル」

などはフルスイングに至るハーフスイングの練習と思う。

先日の回転軸と体重移動のアドバイスでは
少し理解し難いところもある。

今はテークバックの際の回転軸と右ひじの位置に注意している。右腕を充分リフトアップして右肘が垂直になるように意識して、そのまま、コックする。この位置からダウンスイングに入ると体重移動・円弧の形・フォロースイング・方向性、等が上手く出来るように思う。

まだまだ・・・練習!!

 

|

« ★犬山城:初登城★ | トップページ | ★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(8)★ »

コメント

安藤秀のスイング理論(コンバインドプレーン)について、当初は興味深く理論に傾倒しかけたが、本と付属CDの他に最近だされた動画などを見る限り殆どが従来から有るゴルフ論に言葉を代えて表現されているだけの理論?であって新味が有りません。
新理論と云えるのは、フルスイング時の「コの字トップ」だけ、しかし「コの字トップ」は彼の身体的な特徴から作られたものであって全く合理性が無い論理ではないでしょうか?
如何なものでしょうか?

投稿: ゴルフ | 2012年3月15日 (木) 11時32分

「ゴルフ」さんからコメントを戴きました。
この記事は丁度1年前に書いたものです。
「ゴルフ」さんはかなりゴルフ理論やプレーの経験の
豊富な方ですね!私はその後も「安藤理論」で練習を
しています。1年以上練習したつもりですが期待した
成果は出ていません。これは練習不足か腕前のセイか
分かりませんが。
他の指導者の理論を知らないのでなんとも言えませんが
考えながらスイングする癖が付いてしまった様で、プレー
が妙に窮屈になりました。
無意識にスイングすることなどは有り得ないとは思いますが最近は「楽に出来るスイング」を探ってみようと思っています。ご意見をお聞かせ下さい。

投稿: たかゆき | 2012年3月15日 (木) 13時57分

2012.3.15付けで、安藤秀の(コンバインドプレーン)について、何らかのヒントを求めて生意気なコメントをしてしまった、ゴルフを続けて47年の74歳です。
ゴルフは「気ままなシニア」様が仰せの通り当初から「楽に出来るスイング」だけ心がけてスポーツとして楽しんできました。しかし、加齢によるスコア低下に抗すべく初めて学ぼうとしたのが安藤秀のクンバインドプレー論とオージモアーの左1軸打法論でした。
しかし、両論を勉強しながら四六時中イメージトレーニングと練習場2~3回/週とラウンド1回/週をスイングを試行錯誤しながら続けている結果は「考えながらスイングする為にスムースに振り切れなく窮屈になって楽しくない」為にスコア改善の効は未だ実現せず。もうゴルフ論の勉強は止めました。
初心に戻って、スイング軸をキープした上で、①充分なバックスイングと執る、 ②イメージしたスイング軌道をスムースに振り抜く、③振り切った後も体勢を維持できる範囲の力加減(強振しない)ことを念頭に再構築しています。
ご意見をお聞かせ下さいに乗じて、又々生意気を申しました。今日、JGTOから46名参加しているIndonesia Open 2日目に行って来ましたが、(片山晋呉は中途棄権、藤田寛之4位)プロが凄いのは強振無し体勢崩さないで振り切る様を学んできました。
ゴルフはスポーツとして楽しむことが一番と心得べし!!なーんちゃってゴメンgolf

投稿: Masaru Kimura | 2012年3月23日 (金) 19時47分

Masaru Kimura 様
ゴルフ見学ツアーにも出かけられるのですね!
昔1,2度プロのプレーを間近に見たことは
あるのですが・・・
青木功がヘールアーウインとのプレーで
バンカーから見事に2オンしたのを間近に見て
迫力を感じました。
しかし最近はTVでの観戦です。
このほうが全体のプレーがよく判ります。
スイングの方は仲々進みませんが
・・・
テークバックの感覚が少しづつ
以前のものと違うようになって来ました。
昨年から練習しても身に付かないので、
無駄のように思っていましたが
そうではなく筋肉や神経が
少しづつ新しい動きを
覚えてきた様です。
実際にコースで
思うように打てるかどうか?
楽しみにしています。
  

投稿: たかゆき | 2012年3月24日 (土) 07時29分

たかゆき様

ゴルフは下手の横好き?って言うのでしょうか? 誰にでも出来ることですが年数だけが長じてしまいました。

申し遅れましたが、ゴルフツアーに帯同しているのではありません。6年前よりジャカルタに移住しています。
この度、JGTOと提携共催となったIndonesia Openに日本から46名のプロが参加しましたので応援です。
しかし、残念ながら予選通者者は11名になってしまいました。
有名プロでは、藤田寛之、宮里優作、小山内護、丸山大輔ぐらいでしょうか。
応援の主目的は、22年程前に日本プロ歴代最年少の18歳でプロになった宮瀬博人プロの応援でした。彼は鹿野山所属でしたのでシード権を獲って有名になる前に3回一緒にラウンドしていましたので、昨日追っかけで宮瀬さ~ん木村ですと声をかけたときははビックリ!されました。その影響か? 2R目も2オーバー、Total 6オーバーで 1打足りずに残念ながら予選落ちしてしまいました。今、手元に1992.7.30付けの宮瀬がAttesteサインスしたコアカードを見て懐かしんでいるところです。

投稿: Masaru Kimura | 2012年3月24日 (土) 23時41分

Masaru Kimura様
そうでしたか!
インドネシアですか!
さぞかしゴルフを堪能されて
いるのでしょうね!
私も若いころ仕事で
マレーシアに滞在したことがあります。
1980~86です。
多忙ではあったのですが
ゴルフも良くしました。
今から思うと
「若い頃は元気だったなー」
と思います。
この歳になると練習場で出来ても
コースで元の木阿弥になることが
多いです。
それでも楽しいのがゴルフの
神髄でしょうか。

投稿: たかゆき | 2012年3月25日 (日) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161998/50815275

この記事へのトラックバック一覧です: ★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(7)★:

« ★犬山城:初登城★ | トップページ | ★ゴルフ:安藤秀のスイング理論(8)★ »