« ★007・スペクター★ | トップページ | ★H28年元旦★ »

2015年12月26日 (土)

★子母沢寛:親子鷹★

★子母沢寛:親子鷹★

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E6%AF%8D%E6%BE%A4%E5%AF%9B

何がキッカケだったか、判らないが  H2712261
勝海舟の事が頭をよぎった。
それも勝海舟が子供の頃怪我をした事だ。
父が町医者を呼んで手術をさせる。
失敗したら命はないと思え!
と父の小吉は畳に脇差しを突き立てて
医者を脅す!
・・・これは子供の頃読んだ
新聞小説の一場面!
ふと思い出したら・・・
子母沢寛・・・親子鷹
の名前が湧いてきた。
決して記憶をしていた訳でもない。
WEBで確かめたら・・・
その通りだった。
その場面が余程強い印象だったのだろう。
記憶にもいろいろあるようだが
・・・この時の挿絵まで眼に浮かぶようだ。
**************
『父子鷹』(おやこだか)は、子母澤寛の小説。
1955年5月から1956年8月まで『読売新聞』夕刊に連載された。
勝海舟(麟太郎)の父で型破りな無頼漢として知られた
勝小吉を中心として、江戸時代後期の旗本や市井の人々の生活を描く。
この小説の中で小吉は、酒・女は苦手で博打もやらないが、
庶民に人気があり、喧嘩剣法が強く、
正義感が強く貧しい「江戸っ子が惚れぼれするお侍」として描かれている。

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E7%88%B6%E5%AD%90%E9%B7%B9-%E4%B8%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%AD%90%E6%AF%8D%E6%B2%A2/dp/4062754533/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1451082074&sr=1-1&keywords=%E8%A6%AA%E5%AD%90%E9%B7%B9

旗本・男谷平蔵の妾腹の子として、江戸深川に生まれた小吉は、
微禄の旗本・勝家の養子になった。
剣術が強く、根っからの江戸っ子気質で、
豪放な性格と面倒見のよさから、周囲の人々に慕われていた。
この小吉と妻・お信の間に男の子が生まれた。
名付けて麟太郎。
幕末から明治の武家政治家・勝海舟である。
*******************
近頃時々無差別にとんでもない記憶が
飛び出してくる事がある。

|

« ★007・スペクター★ | トップページ | ★H28年元旦★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161998/62942551

この記事へのトラックバック一覧です: ★子母沢寛:親子鷹★:

« ★007・スペクター★ | トップページ | ★H28年元旦★ »