« ★狼は帰らず(2)★ | トップページ | ★狼は帰らず(4)★ »

2016年6月12日 (日)

★狼は帰らず(3)★

★狼は帰らず(3)★       H28610
「森田勝の生と死」
 ・・・佐瀬稔・・・中公文庫
*********************
『2:ホキ勝』
東京緑山岳会、谷川岳の歴史、緑の顔パス、
昭和27年 槇有恒、松方三郎、・・・マナスル登山隊・・・踏査隊
昭和31年 8125m登頂・・・登山ブーム
昭和34年 緑山岳会に森田勝入会
昭和12年19日生まれ 家庭事情で苦労の幼少期
   「ホキる」「ホキ勝」と呼ばれる
 最初のパートナー・・・「青木敏」(5歳若い)
*************
『3:衝立岩・正面壁』
森田・・・不安定な職場
緑山岳会・会長・寺田甲子男・・・
創立30周年記念・・・昭和36年
森田の変貌・・・6年後・・・44年1月 緑退会。
*******************
『4:アコンカグア』
昭和39年冬、創立25周年、東京緑山岳会・・・記念行事
*昭和38年芳野満彦、アイガー北壁に挑戦
 ヨーロッパ・アルピニスト達の著書が広く読まれる。
*アコンカグア遠征の計画・・・青木敏・中心・・・
  標高4200mBC・・・6960m登上
 
 南壁は垂直の氷・岸壁
 ・・・アコンカグアに不参加・・・報復・・・・滝沢第三スラブ
*********************
『5:烏帽子・奥壁・大氷柱』
42年2月27日夜・・・寺田甲子男の自宅に電話
「森田さんが滝沢第三スラブの初登攀」
 長老たちに出過ぎた・・・無邪気な自慢話をするので
 
「黙れ!若造!」で殴られた。
 
42年山岳同志会隊・・・マッターホルン北壁の登攀に成功
 
岩沢の心は森田から離れて行く。
 
11月下旬から12月上旬にかけて・・・
 一の倉沢・烏帽子・奥壁に高さ150m
ほどの大氷柱が出現する。
 
挑戦したが・・・断念する。
 
次のパートナー「木村憲司」
 

|

« ★狼は帰らず(2)★ | トップページ | ★狼は帰らず(4)★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161998/63765936

この記事へのトラックバック一覧です: ★狼は帰らず(3)★ :

« ★狼は帰らず(2)★ | トップページ | ★狼は帰らず(4)★ »