« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

★全英オープン:舩越園子★

★全英オープン:舩越園子★
【素顔のプロたち】舩越園子          H29727
《夢がおぼれ落ちても》
7月27日:朝日新聞:夕刊
『またまた舩越さんが心情あふれる物語を書いた』
*******************
 全英オープン最終日の終盤、メジャーで惜敗を繰り返してきた39歳の
マット・クーチャー(米)が「今度こそ勝つかも」と思えた瞬間があった。
ともに最終組で回るジョーダン・スピース(米)がティーショットを
大きく右に曲げ、丘の上の深い茂みの中の土の下にボールが埋まった13番。
次打をどこからどう打つかに20分以上を費やした
スピースがボギーとしたとき、クーチャーはついに単独首位へ浮上した。

米ツアー通算7勝ながら、メジャー大会では46試合に出場して優勝はない。
トップに立ったあの瞬間、クーチャー自身もメジャー初制覇の夢を見た。
 が、それもつかの間。大ピンチをダブルボギーではなくボギーで切り抜け、
自信を得たスピースは、14番からの快進撃でクーチャーを引き離し、
23歳にしてメジャー3勝目を達成。

夢も望みも消えたクーチャーの顔は青ざめていったが、
それでも彼は歯を食いしばって笑顔を見せ、大観衆に手を振った。

スコア提出所へ向かって歩き出したクーチャーを驚かせたのは、
前夜に電話で話したときはまだ米国にいた妻と幼い2人の息子の予期せぬ出迎え。
「ビッグサプライズだった」。
父親の敗北の意味を理解した長男は泣き出し、クーチャーは必死に息子をなだめた。

その様子を見ていたスピースは自身が傷心の敗北を喫した
2016年マスターズのホールアウト後に
「同じように父が僕をなだめてくれたことを思い出した」。
最善を尽くして戦い、敗れた直後、
悔し涙をこらえながら今度は父親として最善を尽くす。
まだ父親になっていないスピースは、
そんなクーチャーの生き様を「心に刻む」と言った。

記者会見。クーチャーの声は震えていた。
「何と言ったらいいのか。心が痛む」。
それでも13番で自分を延々待たせた揚げ句に
夢を奪い取ったスピースへの恨み言は一切言わず、
「誰にもピンチはある。それがゴルフだ」と理解を示した。
「全英最終日に5ホールを残して首位に立った。
最終組で72ホール目を終え、家族に出迎えてもらった。
優勝のすぐそばまで行った。そのすべてが素晴らしい」

勝者をたたえ、胸を張るグッドルーザー。
敗者を気遣い、称賛するチャンピオン。
そんな2人の対比は、今年の全英オープンの最大のショーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

★全英オープン:第146回★

★全英オープン:第146回★           H29723
前評判も良く、第3日終了時点では期待していたが・・・
最終日には遅くまでTV観戦したが・・・
松山・・・いきなりの+3・・・                                           H297212
J・スピース・・・連続のボギー
2016年「マスターズ」での失敗があるので気になる・・・   
M・クーチャー・・・安定したゴルフの様に見える
このまま進行しそうで、興味がなくなったので早々に就寝した。
翌朝早くに目が覚めたが既にTVの放映は終わっていた。
結果は・・・・終盤にJ・スピースがミラクルなショットH29723_2
とパットを見せて優勝した。
***********************
★日本人初のメジャー優勝を目指した松山英樹は、
スタートホールの1打目を右へのOBとしてトリプルボギー発進。H297241
その後は3バーディ、2ボギーと盛り返したが、
「72」で通算2アンダー。
優勝したジョーダン・スピースとは10打差の14位タイに終わった。
***********************               H297243
★J・スピース・・・★
前半を37で回ったスピースは苦戦していた。
後半、13番。スピースのティショットは、ほぼ100ヤード右に曲がり、    H297245
深いラフの丘の頂上へ。
ルール委員、マーシャル、ギャラリー等々、あたりは騒然となった。
スピースとキャディのマイケル・グレラーは、アンプレヤブルを宣言。
スピースとグレラーが選んだのは、
ボールのあった地点とピンを結ぶ後方線上をぐんぐん下がり、
練習場にドロップするという処置だった。
「次打で寄せられると思った。
3Wの距離だと思ったけど、マイケルから3Iだと言われた」                           H297246
3打目でグリーン右手前まで持って行き、4打目でピンに寄せ、
3メートルのボギーパットをしっかり沈めた。
この間時間は20分超。
その間、クーチャーはフェアウェイ上にタオルを広げ、
その上にヒザを乗せてしゃがみ込み、
集中力が乱されないよう、静かに待っていた。
キャディのマイケル・グレラーがスピースに語りかける。
「このホールは落としたけど、いまこの瞬間、流れが変わったぞ」。      H297247
★14番でバーディ、:
14番(パー3)。6Iで打ったスピースの第1打は、
カップをかすめて1.5mにぴたり。
これを沈めたスピースは雄叫びを上げてガッツポーズを繰り出した。
再びクーチャーに並ぶ首位に浮上すると、
「流れはこっちにあるし、首位にも並んだ。
突然、この試合に勝てると思ったんだ。
4番ホールが終わってからつい30分前までは、
まったくそう感じなかったのに」と、
気持ちも180度転換した。

★15番で20m近いイーグルパットをねじ込んで再浮上。
15番(パー5)でイーグルパットを沈めると、カップを指さして歩き出した。

★16番で約8mのバーディパットを決め、
★17番でも伸ばして、逃しかけた勝利を得意のパットで引き寄せた。

******************************
★#13からのスーパーショットとスーパーパットの動画があった。
すごく興奮する場面だ。
「Watch: Round in 90 seconds - Jordan Spieth」
https://www.theopen.com/LiveReporting?mediaId=0_6epdgk48

************************
★また船越園子さんが心暖まるレポートを書いている。

http://www.msn.com/ja-jp/sports/golf/%e5%85%a8%e8%8b%b1%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%80%81%e7%b4%a0%e6%99%b4%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%8b%9d%e8%80%85%e3%81%a8%e6%95%97%e8%80%85%e3%80%90%e8%88%a9%e8%b6%8a%e5%9c%92%e5%ad%90%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%91/ar-AAoIKzW

*******************
松山英樹への期待は残念だったが・・・・
優勝は次回に持ち越しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

★全米女子オープン★

H29717us1★全米女子オープン★
最終日は早くから起きて、TV観戦。
しばらくはフォン・シャンシャンとチェ・ヘジュンH29717us2
の優勝争いとの思いだったが・・・
1組前のパク・ソヨンがバーディーを重ねた。
その後・・・H29717us3

アマチュアのチェ・ヘジュン:                     
   #16のショートで池に落としてWボギーH29717us4
中国のフォン・シャンシャン:最後の#18で前を行く   
    パク・ソヨンの上がりの歓声を聞き力が入った。
    第3打がオーバーした。寄せをざっくりして・・・H29717us5
    トリプルボギーになった。
韓国のパク・ソヨン:後半に好ショットが続いた。
   #18の3打がオーバーしたが絶好のよせでパー5。    H29717us6
   -11を守った。これで優勝が決定した。
藍ちゃん:まー特に可もなく不可もなし・・・だった。
等など

*後でリーダーボードを見ていたらチェ・ナヨンも出場していた。H29717us7
 残念ながら成績は最悪でラストから2番目だった。

*上位に韓国の選手が圧倒的に多い。
 アメリカのLPGAも日本のLPGAもどう受け止めて居るのか??H29717us8
 日本女子の強化方法をどうするのか再考・改革が必要ではないか??
*フォン・シャンシャン・・・はここ数年活躍が続いている。
 選手寿命・・・・チェ・ナヨンや台湾のヤニーチェン  H29717us9
 藍ちゃんも・・・好調な時期・期間は短い。
 フォン・シャンシャンの体力に感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »