« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月20日 (水)

★H29年:朝顔の舞★

Sp6220002★H29年:朝顔の舞★
今年の夏に撮影した朝顔で作りました。
「AVIUTL」を使った初歩的な作品です。
以前にもアップした
サカタの朝顔
「フライング・ソーサー」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

★改組 新 第4回日展:中山忠彦★

★改組 新 第4回日展:中山忠彦★  H291281
ここ2,3年日展を観ていなかった。H291212
たまたま今年は機会があったので、
六本木の新國立美術館で日展を見た。
主な作品がHPで紹介されている。
https://nitten.or.jp/artwork

https://nitten.or.jp/art/western

1階は日本画、2階は洋画部門。
いずれも多くの作品が展示されており、   H2912121
見るだけで疲れる。
1階の日本画は適当にして
2階に廻った。ここも沢山の絵画なので・・・適当に
お目当ての「中山忠彦」は#5の展示室にあった。
今回のモデルは若い女性で奥さんでは無かった。
「私とはだれか?」多分お孫さんだと思う。
 そうではなく「自己の内面に問いかける、問いかけだと思う」
自己の人格形成の段階で誰もが遭遇する問題だ。
ここで自分自身に「自信」が出来れば
(多少の逡巡があっても)
健全で健康な精神が育つと思う。
「私とは誰か?」中山忠彦

モデルの奥様はどうされたか?
と思い昨年の作品を見るとこれも
奥様ではない。
ここ数年で変化する事情があったのかも知れない。

★昨年第3回の出品作:
「衣装室にて」
顧問:中山忠彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

★北斎とJAPONIZM★

H291211★北斎とJAPONIZM★H291256H291253
國立西洋美術館で「北斎とジャポニズム」を観賞した。
入り口で少しは並んだが
ハルカスでの狂騒ほどではなかった。

多くの印象派の絵画が展示されていた。H291257H291255H291254
北斎の影響が広く強く伝わっているのが判る。
西洋画も実に220点
北斎の作品 40点あまり
北斎のマンガ本など 三十数点
西洋の画家に取って北斎の画風、着想が  H2912510H291259H291258
如何に斬新で、時には奇抜に見えたのか。
そうとは知らずに観ていた西洋の多くの 
画家の努力や研究に感心する。
H2912511H2912512

**********************
★Wikipedia:北斎:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E9%A3%BE%E5%8C%97%E6%96%8E

富嶽三十六景:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B6%BD%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E6%99%AF

見どころ:
http://hokusai-japonisme.jp/highlights.html

出展リスト
http://hokusai-japonisme.jp/image/list_jp.pdf 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »