カテゴリー「フェルメール」の記事

2019年5月 2日 (木)

★VERMEER:鑑賞済・絵画★

★VERMEER:鑑賞済・絵画★  
今までに鑑賞できたVERMEERをR152ver1
一覧に出来た。
一方、まだ鑑賞していない絵画のリストも
出来た。
http://photoall.yamanoha.com/HP-Vermeer/vermeer-pst-record1.html

 

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

★フェルメール:聖プラクセディス★

★フェルメール:聖プラクセディス★         1sainte_praxede
これもフェルメールを整理していて
気がついた。
以前の記録で所属は
「バーバラ・ピアセッカ・ジョンソン・コレクション
財団モナコの訪問会礼拝堂美術館に展示されている。」
とのことだった。
しかし最近の「フェルメールの作品」
では・・・
聖プラクセディス
制作年代:1655年
技法:カンヴァス、油彩
サイズ:101.6×82.6cm
所蔵:個人蔵(日本・国立西洋美術館に寄託) Spc140028
来歴: バーバラ・ピアセッカ・ジョンソン・コレクションの
所蔵品としてモナコで展示されていたが、
2014年にクリスティーズで競売され、
新たな所蔵者によって日本の国立西洋美術館に寄託された。

と記載されている。
それで思い出した・・・
昨年12月14日に国立西洋美術館の常設館で
見たものはこれだった。
「聖プラクセディス」
展示場での説明文が「フェルメールに帰属」と書かれていて、
少し違った様に感じて・・・気が付かなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★フェルメール:窓辺で手紙を読む女★

★フェルメール:窓辺で手紙を読む女★       6jan_vermeer_van_delft_003
2004年9月23日:H16年
ドレスデン・ツヴィンガー宮殿
を訪ねた。
と言っても「中央ヨーロッパ」
の旅行の途中だった。
限られた時間の中でガイドさんの
薦めで急いで見たのが
「フェルメール:手紙を読む女」
だった。
旅行記には記録が有ったが・・・       42jan_vermeer_van_delft_002
フェルメール・・・としての記録を
していなかった。
フェルメールの整理をしていて気がついた
ので再掲する。
ただ残念な事に同じ場所に有った
「フェルメール:取り持ち女」を
知らなかったのでこの時には見ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

★VERMEER展:大阪市立美術館★

★VERMEER展:大阪市立美術館★         Vermeerosaka
先日、大阪の「VERMEER展」を見に出掛けた。
朝早く出掛けたので、館内ではゆっくり
鑑賞できた。
東京では・・・
取り持ち女を除いて8枚                                     1page
大阪では・・・  取り持ち女と 
恋文  ・・・を加えて
合計・・・10枚見たことになる。
また・・・
手紙を書く女 
手紙を書く婦人と召使い 
マルタとマリアの家のキリスト 
リュートを調弦する女 
・・は2回見た事になる

今回は東京と大阪で
展示会の運営や観客の様子
がかなり違う事に気がついた。
1)東京では来場者数が異常に多いため
  いろいろ準備をしたのにも拘わらず
  運営のまずさが目立った
2)大阪では閉館時間が早くて
  利便性に欠ける様に思った。
http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-3page.html

 http://takayukikimama.web.fc2.com/H31-2Vermeer-Osaka/newpage1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

★VERMEER 東京展★

★VERMEER 東京展★                                         Page1
久しぶりにVERMEERがやって来た。
今回は東京展と大阪展がある。
一部の展示作品が入れ替わるので
時期を考慮して両方の展示を観る事にした。
東京展のリストには9点あるが実際に観たのは
8点だ。
 「取り持ち女」は大阪展で観る。
同時代の
*ピーテル・デ・ホーホ
*ヤン・ステーン
などの作品もあり興味深い。
東京展の記録をHPに記載した。
 http://takayukikimama.web.fc2.com/H30-12VermeerTkyo/newpage1.html

 http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-3page.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

★フェルメール:京都市美術館★

★フェルメール:京都市美術館★       1page
Vermeerの「水差しを持つ女」が京都に来たので出掛けた。
今回の展示会のタイトルは「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」
と云うことでフェルメールとレンブラントを中心に約60点出品されているが
この二人の作品は各々1点づゝの展示だけだ。
またHPに記録した。
 http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-3page.html
 
 http://takayukikimama.web.fc2.com/H27-12-Vermer-Pitcher/Verm-newpage1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

★ルーブル美術館展:天文学者:フェルメール★

★ルーブル美術館展:天文学者:フェルメール★ 38101lvl4
今回のフェルメールは京都までやって来た。
9月に見たが多くの絵画を纏めるのに時間が掛かった。
また10月から
フェルメール《水差しを持つ女》
が展示されているので近いうちに行きたい。
http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-3page.html

http://takayukikimama.web.fc2.com/H27-9-Louvre/newpage1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

★フェルメール:まとめ★

H25416page1★フェルメール:まとめ★                                             
フェルメールを最初に見たのは2000年だった。
だがその時にはまだ、それほど魅せられていたわけではない。
世間で話題になることが増えて、自分にさほど強い趣味の指向が
ないせいもあり徐々に「自分の趣味」になってしまった。
時々の展覧会で「Vermeer」を見ては「いいなー」とか
「これは初めてだ!」など少しづつ、知識が増えた。
いつかは「Vermeer」の絵画をまとめたいと思っていた。
ただ、集めるだけで、芸はないが自己満足で
HPを作った。
情報はいろいろあるが研究者により、違いがあるので
「Wikipedia」を参考にした。
また一部の項目は未完だが後日、追加する。
http://photoall.yamanoha.com/HP-Vermeer/Vermeer-HP.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

★ドイツ・オーストリア旅行★

★ドイツ・オーストリア旅行★                        H241114dd1
5月17日から24日までの旅行だった。 
各地での観光はそれなりに楽しかったが
特にウイーンでの自由行動が記憶に残る。
今回の主目的だったKHMでの
Vermeer「絵画芸術」の鑑賞や
著名なレストラン
「グリーヒェンバイスル」での
食事など・・・
帰国後5月31日から6月24日までに
旅行の記録をBLOGに書いたが、
今回、これらに補追してHPにまとめた。
かなりの作業だったが
「旅行記録が出来た!!」
との達成感!!
http://takayukikimama.web.fc2.com/H24Deuche/newpage1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

★マウリッツハイス美術館展・フェルメール・神戸市立博物館★

★マウリッツハイス美術館展・フェルメール・神戸市立博物館★     11
今日は再び「真珠の耳飾り」の少女に会いに出かけた。
東京都美術館の時と同じく、
今回も「少女」は別室で1枚だけ展示されている。
入室に際して「至近距離から見る」グループと
「離れて見る」グループに分けて入室する。
「離れて見る」グループでゆっくり眺めた。12
「斜め後ろに視線を送る姿」何度見ても気になる視線だ。
前回同様・・・白い光の点を確認し、更に光の反射・・・を    
確認してやはり、「光の画家」を感じた。
今回は事前に展示リストを確認して、多くの絵画を鑑賞した。Johannes_vermeerthegirl_with_the_pe
後日、HPにまとめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)