カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2017年11月28日 (火)

★柴山:蟹料理★

Page1★柴山:蟹料理★
今年も例年の柴山に出かけた。
今年は都合でいつもより早くにした。
おかげで雪の心配もなく
楽しい旅行になった。
天候が良くなかったので写真の数が少なかった。
それでも温泉にはゆっくり入浴出来て
身体が緩むような感覚を味わった。

 http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-2page.html

 http://takayukikimama.web.fc2.com/H29-11Kimura/newpage1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

★柴山・蟹旅行★

★柴山・蟹旅行★         1page
昨年の11月の旅行だが
年末の忙しさに取り紛れて
HPのまとめが中断していた。
蟹の旨味が頭には記憶として
残っているが
味覚としては、もう、いち早く
忘れてしまっている。
http://takayukikimama.web.fc2.com/H28-12-Kani/newpage1.html

http://takayuki.g.dgdg.jp/sx-0-2page.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

★神戸:グルメ★

★神戸:グルメ★
神戸に行くと立ち寄りたい所がある。
今回も・・・
🔴別館・牡丹園:
 今回は「スペアリブの餡かけ」・・・
 の様なもの・・・メニューの名前は不明。
 それに「小エビのフライ」・・・
 いずれもメニューは不明。
 味は大変によかった。
その次は・・・
🔴三宮駅前:「西村コーヒー店」
*今回は「深煎りの濃いコーヒー」と尋ねると
「ケニア・ピーベリー」を勧めてくれた。
しかし味はそれほど濃くなく、味わいも深くなかった。
「商品詳細1: タンザニアの隣に位置しますが、
 キリマンジャロとは異なる個性をもつ豆です。
 しっかりと深く煎り上げたコクと重さのある味わいです。
 ピーベリーは一つの果実の中に一つだけ(通常は二つ)
 豆が入っている希少性のあるものです。」
 
http://shop2.global-websystem.net/main.php?PPPID7=d913a24888210d8e957c4631bbd5730b&s0=100053024601&v=20&a=0&f=0&g0=060522232200&g1=002000000000000#a_top

*ケーキを1個注文したが・・・名前???H28624coff3
 但しこれは素晴らしく美味だった。
*ゆったりくつろぐ人が多い。                                    
 みなさんはこのカップのコーヒーを
 飲んでいるようだ。
*「ケニア・ピーベリー」はH28624coff2
  前回と同じ様なカップだった。
*次回は「オリジナル・ブレンド」
   を注文してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

★チューリッヒ美術館展:神戸散策★

★チューリッヒ美術館展:神戸散策★            
H27221zr1先日、前売り券を買ってあった
チューリッヒ美術館展に出かけた。
「印象派からシュウルレアリズム」
との副題が付いている。
作品リストによると展示作品は74点。                                                         H27221zr2
確かに幅広く、作品が展示されていたが
各分野ではそれほど多くの作品が
あるわけでもなかった。
矢張り印象派のモネ・セザンヌ・・・などに親近感が湧く。
モネの作品はどれも独特の朦朧表現だが
遠くから眺めると良く風景が見える。
★今回の目玉の「睡蓮の池、夕暮れ」H27223zurich_01
は中央に夕日が写り周囲が薄闇に包まれている。
晩年になり眼も腕も不自由になり描いたものと思うが
それでも静かな睡蓮の池が浮かんで来る。
★セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」H27223zurich_02
はいつもの絵の感じと少し違った。
山の色が茶褐色の場合が多いが
この絵はブルーになっている。
また構図的には樹木があれば
直ぐにセザンヌと判るのだが・・・
この絵には樹木は無かった。
★今までに見たシャガールにはなんだかSh27223img090
馴染めなかったが、
今回シャガールの大作を見て・・・
何か良いなーと感じた。
**************
【ホームページの概要説明】
http://zurich2014-15.jp/
スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館のコレクションを、Sp2200065
日本で初めてまとめて紹介します。
出品されるのは幅6メートルにおよぶモネの大作や
シャガールの代表作6点に加え、
ホドラーやクレーといったスイスを代表する作家の珠玉の絵画、
さらにはマティス、ピカソ、ミロといった
20世紀美術の巨匠の作品など、
これまでなかなか来日の実現しなかった印象派から
シュルレアリスムまでの傑作70点以上。
まさに「すべてが代表作」といえるラインアップです。
****************
展示された絵画は別途まとめてみたい。
展覧会を見た後・・・
お昼近くなったので・・・
***********
★別館牡丹園:
http://www.botanen.jp/frame/frame14.html
以前に大奥と来店した時には
何の料理だったか定かではないが味が良かった!Sp2200080
美味かった!の記憶だけがある。
今回は出かける前から大奥がメニューを見てあれこれ
選んでいたがイザお店でメニューを見ると
食べたいものが色々有り・・・
幾つかオーダーした。
中でも味の良かったのは・・・
「49 花椒炒鶏・若鶏の山椒炒め」
だった。ビールを飲みながら味わった。
****************
★にしむら 珈琲店★
http://www.kobe-nishimura.jp/shop/index.htmlSp2200086

食事の後、中華街を歩き春節祭の催しを眺めて・・・    
しばらく歩き三ノ宮の駅前の「にしむら」で
コーヒーを頂いた。Sp2200121
さすがに多くのブランドを揃えているので
「渋くて・味の濃い」・・・ものを聞くと
「グアテマラ」を勧めてくれた。
http://www.global-websystem.net/wgcart/main.php?Sp2200159PPPID7=d913a24888210d8e957c4631bbd5730b&s0
=100053024601&v=20&a=0&f=0&g0=
060522231200&g1=002002000000000#a_top

少し酸味が後まで残るコクのある味だった。Sp2200168
雰囲気も落ち着いた店で多くの客でいっぱいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

★獺祭:純米大吟醸★

★獺祭:純米大吟醸★                                       H2718
2009年に初めてこの酒を味わい・・・H27182
感激してBLOGを書いた。
その後もいろいろメデイアに登場していたが
最近又獺祭の記事が目につく。
世界的なブランドに育った獺祭は色々な
面で注目を浴びている。
最近の写真で見ると社長の桜井氏も
少し歳をとった様だ。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20141218/429027/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20141224/429767/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140417/263049/?bpnet&rt=nocnt
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20150107/430802/?ST=business&P=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

★吉野家:牛丼★

★吉野家:牛丼★                                             H2619yn1
久しぶりに吉野家の牛丼を頂いた。
ニュースによると
全般的に「牛すき鍋膳」などの
少し高めのメニューが良く売れて
売上が上向いているとの事。
店に座り左右を眺めたが
皆さんサラリーマンで
普通の丼を注文していた。
私は「アタマの大盛り」を注文した。
これは「ごはん並盛りで具は大盛り」
¥380だ。
味は良いしボリュームもあり、                                             H2619mt1
申し分なかった。
これと比較するのは
何時も頂く松屋の
「オリジナルカレー:並盛り」
¥350。
こちらは味噌汁付きなので
値段で比べると
松屋に軍配が上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

★グランフロント大阪:散策★

★グランフロント大阪:散策★
大阪駅の階上・中央出口?から出て     H2562tana1
見当で歩くとすぐに駅北に続く広い
コンコース?に出た。
取り敢えず南館の7階を目指して
エスカレーターで上がった。
駅からの人が多く、途切れることはなかった。
11時少し前だったが食堂街では
各店舗の待合椅子に人が数珠つなぎ状態になっていた。
レストランの候補を幾つか決めて・・・
探しながらひと廻りすると幸いにも
イタリアンの店が比較的空いていたので
列に並んだ。
http://www.gfo-sc.jp/shop/shop/195.html
イタリア料理Tana La Terrazza
11時になると客席に案内されたが
テラス席だった。オープンで風が少し
あったが景色を眺めながら
のんびりした時間を味わった。
ランチの料理は特別に高級でなく、
味も値段相応で美味だった。
http://tana26.com/
食後は南館を階毎に見学しながら
「SHIP」の「ひろば」まで降りた。
買い物はなく、
久しぶりに賑やかな街を歩いて
帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

★ザッハトルテ:デーメル★

Sp4100002★ザッハトルテ:デーメル★
大阪に出る機会があったので
阪急百貨店に寄ってみた。
まずデパチカの様子!
お惣菜売り場が広く、見やすい。Sp4100008
和菓子・洋菓子のコーナーを
横目で見ながら歩いていると・・・               
ウイーン!デーメル!
の文字が見えた。
アレレ!と思いショーケースのSp4100012
向こうにいる店員さんに「ザッハトルテは?」
「どうぞこちらです!」
見ると小型の「ザッハトルテ」が並んでいた。
荷物になるので・・・
「帰りにまた来ます」と言うと
「数に限りがあります・・・
お取り置きして置きます!」
「お名前と電話番号を・・・」  と言うことで
用件を済ませた後、
ザッハトルテを購入して帰った。
昨年ウイーンの「ザッハホテル」の
ものを土産に買って、その味に
驚いて、大満足した。
それで、大いに期待して、頂いたが・・・
「ちょっと待てよ??」「これがあのザッハ?」
以前の味と少し違う!
この程度のチョコケーキなら他のメーカーでもある。
日本で作ってはいるが、ほんとに「DEMEL」のレシピ通りの
ケーキなのか?
あまり批判的なことは言いたくないが・・・
期待が大きすぎてちょっとがっかりした。
***************
*以前のBLOG:
http://takayukiyamada.cocolog-nifty.com/takayuki/2012/06/post-8102.html
*DEMEL:
http://www.demel.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

★ラ・ボッカ:宝塚★

★ラ・ボッカ:宝塚★  
http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280303/28025916/dtlphotolst/P5006069/
4月に孫たちと出かけたが、今回は
知人と出かけた。
相変わらず店内の雰囲気、従業員のサービスもSp9210003
行き届いていて、気持ちが良い。Sp9210006
メニューは季節に合わせて
前菜・パスタ・メインと
見た目・味・ちょっとした刺激・・・
なかなかのものだった。
また大奥と出かけたい。Sp9210011Sp9210015
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

★銀座グルメ:「ブオーノブオーノ」・「ギンザ サンジューシー」★

★銀座グルメ:「ブオーノブオーノ」★
東京2日目の8月23日は早朝に国立西洋美術館、
更に松坂屋銀座店近くの
フェルメール・センターの鑑賞が早く終わったので
時間が余ってしまった。
昼食は銀座三越の11Fにある                  H24831
「ギンザ サンジューシー」
でカレーを頂いた。
http://www.ginzadining.com/restaurant/detail/sunjuicy/index.html
夕方まで時間に余裕があるので
大奥と別れて別行動。
私は銀座通りへ出てウインドウショッピング。
と言っても暑くて長くは歩けない。
すぐに「Apple Store Ginza 」
に逃げ込んでしばらくPCでお遊び。
その後1丁目辺りで引き返し、画廊の見学。
松屋銀座に入り店内見学。
更に屋上のゴルフスクールも見学。
中年女性がエクササイズをされていました。
大奥はこの間三越でフロアー見学。
その後、合流して有楽町駅前の
「○I○I」に入った。
疲れたので8Fの
STARBUCKS COFFEE
に座ろうとしたが満席だった。
フリースペースの椅子が空いていたのでここで休憩。
「○I○I」の店は昔のイメージとは
全く異なり若い人向けのファッシヨンで溢れていた。
大奥は本屋でファッシヨン本を購入後店内を見学。
私は仮眠状態で時間を過ごした。
5時近くになったので
少し早いが夕食にした。
事前に調べたが銀座ではさすがに値段が高い。
寿司、天麩羅を探したが良さそうなところはやはり高額だ。
それでイタリアンにした。
候補は
「ポルトファーロ」
http://portofaro.com/info/guide.html
「ブオーノブオーノ」
http://www.mikasakaikan.co.jp/restaurant/italian/buonobuono/menu
だったが雰囲気のよさそうな「ブオーノブオーノ」にした。
店に入るともう数人の客が入っていた。
案内された席は窓側で下を見ると
界隈を行き来する人たちを見ることが出来て面白い。
料理はイタリアンコース Cena classicaにした。
前菜の口当たりで少し喜ばせてくれる。
オーソドックスな5種の前菜盛り合わせ
数種茸をあえたタリオリーニ 軽いクリームソース
それに
鹿児島産黒豚ロース肉の炭火焼き ミステカンツァ添え
ティラミスとフランボアのシャーベット
パーネ
カフェ
雰囲気も良いし、お味は言う事なし。
ただ黒豚ロースの量が私には少し多すぎた。
時間に任せてビールとワインを頂いて良いご機嫌になった。
東京駅に戻り今度は大丸でお土産を買った。
まだ時間があるのでまたフリースペースで休憩した。
帰路の新幹線の中ではさすがに疲れて寝てしまった。
深夜無事に帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧