カテゴリー「スポーツ」の記事

2008年12月15日 (月)

★ガンバ大阪:勝利:対アデレード★

★ガンバ大阪:勝利:対アデレード★

トヨタ・クラブW杯は14日、

豊田スタジアムで準々決勝1試合を行い、

ACL王者のG大阪が1―0で

アデレードに勝った。H201215scg0812150507005p2

日本のチームがどこまでやれるか?

そんな気持ち

オーストラリアはどんな時にも

パワーで攻める。

今回も温存した選手を中心にパワーと

高さで攻めてくる。これが前評判。

開始の10分は相手のスピードと

前線からのパス廻しでどうかな??

と見ていたが・・・

この間の攻勢をしのいだ。

そのうち徐々にボールを

支配できるようになったが相変わらず

相手の当たりがきつい!

前半20分に佐々木が不調で
播戸に交代。

しかしこれが幸運を呼んだ!  H201215scg0812150507005p1

前半23分二川からのロングボールを播戸が無理な
姿勢から
ヘッドで
相手をかわして中に入れた。

これを見越して走りこんだ

遠藤にドンピシャ!

さすがに落ち着いていた。

ダイレクトでキーパーの

股間を打ち抜いた。  

それにしても小兵の日本勢のスタミナが良く続く。

日本のチーム全体がJリーグで鍛えられた所為だろう。H2012152

ボール廻しも相手に引けを
取らない。

後半の最終、10~15分はさすがにアデレートも

死力を尽くした。この猛攻で失点の無かったのはラッキーとしか言いようがない。

もう少し精度が高ければ!           

もう少しシュートの角度が違っていたなら!

多分2,3ゴールは入っていた。

結果は”勝ち”!!
しかし世界の相手を考えるとまだまだ・・・

何よりシュートへの貪欲な気持ち!

獲物を狙う野生の本能を磨いてほしい!

さて次は”マンチェスター”普通で考えれば

勝てる相手ではない。

だけど楽しみ!!

どんなゲームになるか!!    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

★野口みずき:元気★

★野口みずき:元気★
久しぶりにニュースに出て来た。H2011258846_1
神戸全日本女子ハーフマラソンの
10キロの部に参加した。
TVで見ると元気に走っている。
表情も明るい。
左足の状態や体調を回復して
マラソンに再挑戦してほしい。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

★慶応高校:甲子園で勝利★

★慶応高校:甲子園で勝利★

久しぶりに塾歌斉唱を聞いた。

やはり何度聞いてもよい曲だ!

*********************

見よ

風に鳴るわが旗を

新潮寄するあかつきの

嵐の中にはためきて

文化の護りたからかに

貫き樹てし誇りあり

樹てんかな この旗を

強く雄々しく樹てんかな

あゝわが義塾

慶應 慶應 慶應

**********************

慶應義塾塾歌

http://www.keio.ac.jp/kiku/jukuka.htm

**********************

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

★ダイキンオーキッド:J1:柱谷★

★ダイキンオーキッド:J1:柱谷★
スポーツ選手の新陳代謝は激しい。
女子ゴルフでも昨日のダイキンオーキッドで
優勝したのは日本ツアー参戦2年目の宋ボベ(22)
横峰さくらも頑張ったが上がり3ホールで崩れた。
H2039








まだまだ気力・技術の弱いところがある様にみえる。
宋ボベは感情の変化の余りない人の様だ。
身体能力も高いようなのでこれからも活躍するだろう。
一方ベテランの不動さんや服部道子などは
ニュースにもならない。
選手の新陳代謝は激しい!
サッカーでは往年の名選手の柱谷が
東京ベルディーの監督でJ1に復帰した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

★サッカー:キリンチャレンジ杯:対チリ★

★サッカー:キリンチャレンジ杯:対チリ★
▽キックオフ:2008/01/26(土)19:10
▽スタジアム:国立競技場
▽観衆:37,261人 主審:イ・ミンフ(韓国)
昨日のキリンチャレンジカップ:
チリが相手:技巧派でまとも戦っては
歯が立たない:足技が巧みであると同時に
ファウルが非常に巧い。審判も問題だが
ペナルテイエリアでのタックル・ファウルは
絶妙だ。フリーでパスを受けようとすると
必ずと言って良いほどファウルをする。
足で挟んだり、背中を素早く押したりする。
ボールの競り合いの場面では相手の胸を
一発どんと素早くノックしたり、
背中に一発食らわす。
審判は公平ではなかった。
前半”巻”がボールを
持った瞬間にボールにタックルが入った。
しかし足を狙ったとも見える。
後半同じ様にボールにタックルした
矢野にはイエローカードが出た。
世界ではこの様なプレーは日常茶飯事に
なっているのだろう。
日本の選手もフェアープレーも大事だが
対策をしておくことも大切だ。
全体としてはやはり狭いエリアでの
小競り合いが目に付く。
大きくグラウンドを使った展開も見たい。
高原のシュートは体調もあり、止むを得ないが
大久保のシュートは何回もミスした。
H20127

もっと強烈な信念で打たないと
キーパーを抜けない。
力のある、スピードのあるボールでないと
軽々と止められる。
30日の試合を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

★上田桃子:優勝:エリエールレディスオープン★

★上田桃子:優勝:エリエールレディスオープン★
ミズノクラシックで優勝した時に
今日の日を予想出来た。
H19111900743920

今季は初優勝で
しかも5勝目で賞金女王を決めた。
女子の人気、レベルが
上がってファンも大喜び!


桃子の負けん気の強さもあるが試合の後で流す
涙に現れているように、彼女の努力や苦労は
ファンの想像以上だったと思う。
★男子ゴルフ:ダンロップフェニックス:
ではイギリス人のイアン・ポールターが優勝。
石川遼は32位だった。
★女子マラソン:<東京国際女子マラソン>
では野口みずき、が大会新で初優勝。
H1911193222070m0

数日前にTVで彼女の
トレーニングの様子を見たので
大いに興味・関心を
もって見ていた。
H191119r
最後まで軽やかで
力強い走りで
ハードな訓練の結果を
見事に出し切った。
大会新記録の2時間21分37秒だ。
これで目標とした北京代表になり、
アテネに次いで2連覇の夢が広がる!!
ガンバレ・・・・!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

★慶野松原:海水浴★

★慶野松原:海水浴★
今年も子供・孫達と慶野松原で
海水浴を楽しんだ。
自分が泳ぐのは午前・午後に1度程度で
後は孫達が水辺で遊んだり、泳いだりするのを
見守Sp7270016るだけ。

Sp7270018




収穫   Sp7270015




1度ゴムボートを膨らませた後、孫を乗せて
沖合の浮き台まで引っ張って行ったが
かなりな労働だった。
天気にも恵まれて大満足の海水浴だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

★高校サッカー:決勝戦★

★高校サッカー:決勝戦★
昨年の野洲高校は代表には出てきたが昨年に比べ
力不足を感じた。技巧とパワーの両方が必要。
決勝戦にも良く現れた。
技巧派の岡山作陽とパワーの岩手・盛岡商だ。
後半になって作陽は村井が入って一時は支配的に
攻めていたが疲れが出て来ると
盛岡商のサイドからの攻めに対応出来なくなった。
左サイドからの切り返しで逆転の2点を獲った。
2点目の成田のドリブルからの切り返しは落ち着いていた。
見方を確認してからのセンターへのパスには余裕があった。
走り込んできた千葉はフリーで落ち着いて
サイドでシュート出来た。
伝統のある高校が脱落して行ったが
高校サッカー全体レベルが上がって来たのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

★谷原秀人・優勝★

★谷原秀人・優勝★
サン・クロレラ・クラシック最終日:途中ちらりとTVを見た。
相変わらず谷原は落ち着いていた。
TV放送が始まって直ぐの多分
15番ホールだったと思うが平塚がグリーンエッジから
バーデイをねじ込んだ。
谷原は上りの良いラインだったが外してパー。
それでも平静に見えた。
その後TVの前から離れた。
谷原が追いつきトップに並ぶと思っていたが
結果は18番の最後のパットまで持ち越された様だ。
此のパットを外すと6人でプレーオフになる所だったそうだ。
全英での健闘が強い自信になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★全英女子オープン・藍ちゃん★

★全英女子オープン・藍ちゃん★
全英女子オープンが終わった。藍ちゃんは途中調子が
出なかったが最終日にベストスコア-を出して前日の
38位から9位に食い込んだ。
最終日のベストスコアの意味は大きい。
彼女の自信も付いた事だろう。
注目のミッシェルやソレンスタム等がベスト10にも
入って無い事を見るとかなりタフなコースだったのかも知れない。
夜のTV放送を見ようとしたが日中の暑さのせいで
睡魔に負けどうしても眼を開けて居られなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)