カテゴリー「ゴルフ」の記事

2020年6月30日 (火)

★アース・モンダミンカップ★

★アース・モンダミンカップ★R26294R26301R26303
千葉県袖ヶ浦市・カメリアヒルズカントリークラブ。
久しぶりのLPGA。
インターネットの良さもあるが
PCの画面で見るので少し見難い。
第1日、第2日・・・やはり若い新人が元気が良い。
いきなり優勝もあり得るとまで思った。R26302suzuki
第3日には鈴木、渡辺は4位で新人に負けていた。
最終日になると鈴木、渡辺、原などがスコアを伸ばした。
やはりベテランは最終日に強い。
新人は無欲なのか、緊張するのか、体力が不足なのか?R26292
プレーオフになった渡辺も鈴木も体力は十分の様に見える。    
二人共に足腰廻りが太い。
特に渡辺は身長があるだけに
余計に目立って見える。R26291
鈴木愛・・・#9で池に何度も入れるミスがあったり
プレーオフのドライバーもミスだった。
調子が良ければ優勝もあった。R26293
ジャンガーグループの原英莉花、西郷、笹生・・・揃って
5位に入った。
原英莉花・・・優勝争いを期待したが・・・
最終日に追い上げたので・・・良しとするか!
川崎志穂・・・
綺麗なスイングをしていたので
今後、注目したい。 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

★LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ★

★LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ★  B1page R28 
ペ・ソンウが国内メジャー初勝利を挙げた。
最終戦に掛ける鈴木愛、渋野日向子、申ジエイ・・・
3人がやはり、後半の9ホールで追い上げてきた
そんな中安定したプレーで実力を発揮したのはR7R6
ペ・ソンウだった。
最後まで誰が勝つか判らない好勝負だった。
良い写真が多くあったのでHPに記載した。

http://takayukikimama.web.fc2.com/R1-12-4-RICOH/newpage1.html

http://takayuki.g.dgdg.jp/

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

★大王製紙エリエール:渋野日向子:優勝★

R111252 R111251 ★大王製紙エリエール:渋野日向子:優勝★
渋野はやはり実力がある。
先週の予選落ち・・・調子のアップダウンはあるのだろう。
試合中の笑顔は少なく集中していた。
前半を首位と1打差で折り返した渋野は10番パー4、
11番パー5で2連続バーディーで単独首位に浮上。
一時は並ばれたが15番でバーディーを奪い、
再び単独首位。                                                           R111261 R111262
同19アンダーの単独首位のままホールアウト。
後続の鈴木愛と森田は#17でつまずいて・・・
先に上がっていた渋野日向子の優勝が決まった。
鈴木愛は#17のテイーショットで右の池に入れてしまい、
優勝はなくなった。
しかし最後は#18でバーデイーを決めてわずかに
溜飲を下げた。
岡本さんも最近では酷評ではなく
女王と認めて「プライドでしょう」等と
話していた。
体調の回復以降トップの位置を
維持しているのは流石だ。
原英莉花、高橋もそこそこの結果。
申ジエは調子を出し切れなかった。
最終戦になる
「ツアーチャンピオンシップリコーカップ」
ではどうなるか? 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

★三井住友VISA太平洋マスターズ:金谷拓実優勝★

  ★三井住友VISA太平洋マスターズ:金谷拓実優勝★R111182_20191118115401
金谷拓実が優勝した。
アマチュアーでの優勝は松山英樹以来だと思う。
これで彼のゴルフ・将来プロとしての人生が開けた様だ。
ノリスと競いながら最終の#18まで来た。
ロングヒッターの彼はドライバーで長打。
・・・2オン確実。R111174
金谷はライの良い中間点にスプーンで置いた。
しかし距離のある第2打を#5ユーティリティー R1111731
で見事に奥の上の段に2オン。
一方ノリスは短い距離をグリーンオーバーさせてしまった。
金谷は落ち着いてロングパットを振り抜いてイーグルを決めた。
これで優勝を決めた。
松山英樹もイーグル優勝があるが・・・ R111181_20191118115401
かなり以前だが石川遼も
最終#18でイーグルパットを決めて
優勝した事があった。
金谷はプロゴルファーとして・・・どんな選手になるのだろう。

| | コメント (0)

★伊藤園レディース:鈴木愛ちゃん★

  ★伊藤園レディース:鈴木愛ちゃん★R111182_20191118113901
 終盤に大山志保:韓国のペソンウ、申ジエ・・などが
トップになる可能性もあったが・・・
最後は大山志保が-13で先に上がっていた。
プレーオフもある状況だったが・・・
愛ちゃんはR111183
最終#18池越えの見事なセカンドショットで優勝を決めた。
池超えの第2打・・・狙ったのか結果オーライなのか??
とにかく凄いとしか言いようのないショットだった。
最後にこんなショットを見ると誰もが脱帽し、称賛する。
3週連続の優勝!
これで賞金ランクでもトップになった。
今の所は体調も良いようなので後2戦、
最終戦まで頑張れ! 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

★TOTOジャパンクラシック:愛ちゃん・連勝★

R111112   ★TOTOジャパンクラシック:愛ちゃん・連勝★  
鈴木愛が連勝した。R111117
絶好調、余裕の優勝!
権威のあるこの大会での優勝は大きい。  
内心、内面ではいろいろ思うことはあったようだがTV画面では
終始余裕のある笑顔が見えた。
バーデイーパットを外しても苦笑いだけで、悔しさはR111119R111118
表情には出てこない。
キャデイーさんも余裕があるのか笑顔で会話をしていた。
終盤は4打、5打の余裕でプレーが出来た。
後、もう1勝狙うのであれば・・・身体のケヤーが第一。R1111110
どこかに不調の部分があればこのようなR111116
余裕は出て来ない。
今回は振るわなかった、渋野、原英莉花、高橋、畑岡・・・も頑張ってほしい。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

★マイナビABCチャンピオンシップ★

★マイナビABCチャンピオンシップ★    R1114abc1
ハンジュンゴン、今平周吾、小平智・・・
後半この3人に絞られた。
#18で3人が2オンでイーグル狙い。R11142
ハン・ジュンゴンは1打のリード。1打差で今平。  
更に1打で小平。
ここで3人がどんな結果を出すか。
3人共にイーグルを狙えるところに2オンした。R11141
素晴らしいショットを見せる。
今平はイーグル成功。
ハン・ジュンゴンも難しいパットを
イーグルで優勝を決めた。R1114
最終ホールまで決着のつかない息詰まる熱戦だった。
しかし、今平にしてみれば・・・
#15のセカンドを引っ掛けて、ロストボール・・・
また次のショートでもアプローチをミスした。
このミスが悔やまれる。

| | コメント (0)

★三菱電機レディース:愛ちゃん優勝★

★三菱電機レディース:愛ちゃん優勝★  R1114mtbldy3 R1114mtbldy1 
愛ちゃんが復活した。
指の故障でしばらく休戦状態だったが先週から出場再開。
サンデーバック9に余裕で入ったが申ジエイに追いつかれた。
1打のリードで#18に来たが申がバンカーに入れて
リカバリーをミス、バーデイーが取れずに2位になった。
ハラハラしたが・・・最終まで競い合って面白かった。R1114mtbldy2
年内の試合でこの調子が続けば賞金女王も期待出来る。
*今週は原英莉花:高橋彩華も・・・ようやく顔を出してきた。

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

★ZOZO Championship:タイガー優勝★

★ZOZO Championship:タイガー優勝★R11028tiger2 R11028tiger7 R11028tiger3
日本で初めてのPGAの大会。
ZOZOが6年契約した様だ。
毎年この豪華なメンバーの大会を楽しめる。
復活したタイガーが大活躍で優勝した。
鳴り物入りの大会で期待に違わず、
タイガーと松山英樹が最後まで                          R11028tiger4 R11028tiger5
デッドヒートを繰り広げた。
天候が悪く、最終は月曜まで延びたが
朝7:30からのTV観戦を楽しんだ。
タイガーはプロの最高の業を見せてくれた。
ターゲットを狙うところや安全策をとるなどの戦略も
冷静で表情も落ち着いて喜怒が殆ど表れていなかった。R11028hidekiironswing847getty_wdp
私的生活の乱れが報じられたが今年のマスターの
大歓声で復活を確定し、再度ZOZOで再確認した。
世界ランキングも6位に浮上して米国勢4番手となり、
来年の東京五輪出場“圏内”に入った。
松山のプレーも素晴らしい・・・と言うより凄さを感じる。
日本人でも世界に通用するプレーが出来るんだ!
松山の後継者が出てきてほしい。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

★日本女子オープン:畑岡奈紗・優勝★

★日本女子オープン:畑岡奈紗・優勝★                                               R1107jp3
終盤になって岡山;ユ・ソヨン;大里・・・などに優勝の可能性が
あったが結果は畑岡の圧勝だった。
競り合った選手には十分な技があると思うが
気持ちとの一体感が勝敗の分かれ目になった様だ。
TVで大里選手をじっくり見たが魅力的なプレーだった。                                   R1107jp1
応援する鈴木愛ちゃんが欠場するし、
原英莉花がとんでもないスコアを出すし、
不満の残る大会だった。
ただ高橋彩華がじわじわ調子を上げているのが楽しみだ。R1107jp2 
渋野日向子はショットは秀逸だったがパターが入らなかった。
パットが上手くなれば何度も優勝出来ると思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧