カテゴリー「教育問題」の記事

2014年1月25日 (土)

★SteveJobs:若人へのメッセージ★

★SteveJobs:若人へのメッセージ★                            H26125steve1
今の世の中でニュースと言えば
TVからの情報が一般的になった。
ITの世界からはPC、タブレット
スマホ;FaceBOOK・・・などなど。
一方で新聞は余り魅力がなくなってきた。
やはり最も安直なのはTVになる。
唯本当に人として有益な情報は案外少ない。
どちらかと言うと娯楽の範疇のものが多い。
「刑事物のドラマ」
「旅行と絡めた探訪記」などが
私の最近のお好みだ。
しかしITの中でも上手く選択すれば
知的な心が刺激される
啓蒙的、教育的な、啓示的な
・・・ものも多い。
と言うのも、今朝YouTubeで
SteveJobsのスタンフォードでの
卒業式のスピーチがあった。
若い卒業生に送る彼のメッセージ。
示唆・愛・ユーモアに満ちたもの。
自分の生まれてから現在までの人生を
下敷きにして、アドバイスを述べる。
本当にこれからの若い人に考えて欲しい
意義のあるメッセージだ。
このように人生に対する考え方には
洋の東西で変わりは無いと
あらためて感じた。
日本の若い人にも感じ取ってほしい
言葉だ。 「StayHungry and Stay Foolish」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

★WEB学習塾:サルマン・カーン:khanacademy:MANAVEE★

★学習塾:サルマン・カーン:khanacademy:MANAVEE★
今朝の朝日新聞の「カオスの深淵」の記事の
中にサルマン・カーンとカーン・アカデミーの事が
記載されていた。WEBで探すと
http://www.ted.com/talks/lang/ja/salman_khan_let_s_use_video_to_reinvent_education.html

ここで紹介ビデオがあった。
具体的な講座のリストは
http://www.khanacademy.org/
ここにあった。
すべて英語での説明・講義なので
かなり難しいが
http://www.khanacademy.org/math/arithmetic/multiplication-division/v/basic-multiplication
この程度ならなんとか付いて行ける!?
ヒヤリングの練習としても面白い。
以前には日本版の「MANAVEE」も見たが
http://www.youtube.com/results?search_query=manavee&oq=manavee&gs_l=youtube.12..0l10.133983.150188.0.155226.13.12.0.1.1.0.245.1772.0j9j2.11.0...0.0...1ac.1j4.Yrj3iLEVJuA

まだまだkhanacademyのレベルではない。
日本でももっと拡大・拡充すれば
楽しみなのだが?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

★子供の教育★

★子供の教育★
私には有り難いことに孫が5人も居る。
しかし孫のことではなく、日本の子供達の
事が気になる。
少し古い話になるが講談社の月刊現代
2005年 6月号に現代の教育問題:
の特集が出ていた。
P214、特集「幼稚な教科書がバカを作る」
*35年で義務教育の学習内容は半減した!
 英進館 館長 筒井勝美。この中で
教科書の内容がいかに削減されたかが
説明されている。

例1)小学生の算数の教科書の比較
 「比」と「比例式」で
   ・昭和43年度「新改訂算数6年1」
       (大日本図書)より
   ・平成14年度「小学算数6年下」 
    (大阪書籍) より 
この二つが比較されているが文章で説明
されていた物がイラストに変わっている。
一つには読解力が無くなっているので
「解らない」「難しい」となる。従って
解りやすいイラストで表現することになる。
文字を・文章を読むことがいかに大切か?
小学生にとって思考能力を鍛錬・向上
させる事は最も大切なことだ!幼少時より
パソコン・ゲームに親しみ、読む事を
忌避する子供達が読書を強要されると
反射的に読書に対して拒否反応を示す。
教育界はこの様な子供達にへつらう形で
教科書をどんどん安易化・イラスト化する。
結果として子供達の能力低下を追認する形
になる。
例2)中学2,3年生の履修する
「化学反応式」が 激減している。
(P216)昭和42年と平成14年で
比較しているが化学反応式が
53→6に激減している。
自然界の基本的な変化を関連付けて、
順次説明する化学変化を単なる
記憶すべき内容にそれこそ変化させている。
こんなことで子供達に科学する興味を
持たせて明日を担う社会人に育てる
ことが出来るのだろうか?
===================
たまたま今朝TVを見ていると瀬名秀明氏が
東北大学工学部特任教授に任命されて
物造りのおもしろさを広める事を始めるとの事。
教授井口泰孝からは「子供の頃の遊び方に
偏りがあり、遊びとして実際に物を作る
経験のない子供達が増えている
物造りの楽しみをSF小説を通じて
感じて貰えば・・・」との談話もあった。
就任記念講演「100年後のために、
いまできること」東北大学機械系
特任教授瀬名秀明氏が3月22日の予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)