カテゴリー「スーパー銭湯」の記事

2009年12月22日 (火)

★スーパー銭湯:ぬくもり★

★スーパー銭湯:ぬくもり★

昨日久し振りにスーパー銭湯に出かけた。
大奥はかなり頻繁に利用しているが

私はご無沙汰していた。
彼女によるとお陰で新陳代謝がよくなり体温が1℃は
間違いなくアップしたとの事。ここのところ毎日寒い、ゞと泣き言を云うものだから一緒に出かけよう・・・
と云う事になった。

掛け湯をして湯船につかると手足の先から痺れるような感じになる。この部分の体温が低かったのだろう。体温が徐々に温まる。段々身体が温まるのが判る。

のぼせるようになると湯船の縁に腰掛けて頭を冷やす。

15分もすると汗が出てくる。ジェットバスの様子を見ると満席。と云っても2槽しかない。しばらく桶風呂に入る。空いたのでジェットバスに入り背中をマッサージする。肩、脊髄、腰椎など。あまり凝っていないが気持ちが好い。

その後塩サウナで汗を流す。じわっと皮膚から汗が滲み出る。身体を洗って再度入浴。出口で体重を計ると59kg。汗で少し体重が減った。最近の平均は60kgから少し少ない程度。身体は温まった。しばらくは火照った状態が続いた。毎週続けると新陳代謝が良くなるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

★スーパー銭湯:久しぶり★

★スーパー銭湯:久しぶり★
久しぶりに近くのスーパー銭湯に
行った。
ジャグジーや塩サウナで体の芯まで温まる。
足先の霜焼けになりそうなところが
温まり血液の循環が良くなる。
屋外のテラスで寝転ぶと
雲のない青空だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

★スーパー銭湯:陽は、また昇る★

★スーパー銭湯:陽は、また昇る★
久しぶりに大奥とスーパー銭湯に出かけた。
正月が終わり静かになったので骨休みとの事。
ゆっくり身体を温めた後、
木製のデッキでしばらく昼寝?
空は青く晴天、風は少しあるが寒くない。
いかにものどかな天下泰平の感じ。
ニュースではイスラエルで互いに譲らぬ
小競り合いがとうとう地上戦にまで
発展したようだ。
どちらが善でどちらが悪なのか?
あるいはそんな単純な対立ではないのかも
しれない。
裸でのんびり空を見ていて・・・いいのかなー?
日本の政治もしっかりしてもらはないと!
今後も永久に日本が戦争に巻き込まれないように
外交もしっかりしてほしい。
日本の将来を見据えたVisionを示してほしい!
政治家に「陽は、また昇る(アラジン(羞恥心+Pabo))」
の歌の
「このままじゃ終わるわけない・・・・
頑張れ日本 凄いぞ日本!」の声を
聞かせてやりたい!
http://jp.youtube.com/watch?v=t9o5dyJWzcM&feature=related

また昔の「ハーマン・カーン」の著作にも
同名のものがあった様な?
  
などと思い浮かべながら昼寝?していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

★薬師温泉:立ち杭焼★

★こんだ薬師温泉:ぬくもりの郷★
★立ち杭焼:陶の郷★
先週は大失敗したので今週は念には念を入れて
出掛けた。時間もコースも判っているので
ゆっくり8時半頃出発。
雲一つない素晴らしい春の天気
三田、篠山の山中に入ると気温が少し
低いのか桜が満開になっている
7~10日は遅いようだ
おかげで今年は桜を2度楽しめた。
「ぬくもりの郷」は小高い丘の上で
篠山の山並みの景色がなかなか良い
10時前に入場して受付で定刻になるのを
待った。
Sp4150019

Sp4150010
   


透明な源泉掛け流しの浴槽で暖まると
腰のしこりが引いて行くような気がする。
12時までの2時間いろいろな浴槽や
サウナでゆっくり楽しんだ。
休憩所にあるレストランで食事を  Sp4150017
  ゆっくり。




ここの窓からの景色がまた
篠山の風景で素晴らしい。
  Sp4150014  
 

        
Sp4150015   



1時過ぎに出発し帰途。

帰途立ち杭の「陶の郷」に立ち寄った。
   Sp4150032        






しかし入場料が要るとのことなのでパス。
近くの「千代市陶房」「集芸館」を見学した
  Sp4150035

  
Sp4150037
桜の木の向こうに
立ち杭の郷

      Sp4150038 前庭がとても美しい




いずれも芸術性豊かな作品が展示されていた。
土産に「のぼり窯」の売店で湯飲みを買った
ご主人に「のぼろ窯」の見学をお願いして
本店に向かい息子さんに声を掛けて見せて
頂いた。

Sp4150025int_2          

対岸からの立ち杭の集落

       Sp4150031            
 
上り窯の風景

帰宅後ゆっくりした気分で休息した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

★スーパー温泉:今田:吉川★

★スーパー温泉:今田:吉川★
朝から今田の温泉行き:
朝8時頃自宅出発
途中船坂の辺りでガソリンを補給
124円で安いと思ったが国道筋で安い所は
更に120円になっていた
舞鶴若狭道の三田西を下りてから
テクノパークの中に入ったら回り道になってしまった
やはり地図で案内しているルートが早かった
三本峠でも案内板があるので直ぐに判った
後は迷うことなく立ち杭の町に入った
今田に着くと道が新しく整備されたのがわかる
小高い丘を登ると「こんだ薬師温泉:ぬくもりの郷」
がある。ただし「4月8日は定休日」と大書してある
 http://yume-konda.com/page.html

月に1度の定休日にわざわざ出掛けたことになる
全くしまった!!HPで確認すべきだった
紹介してくれた仲間に笑い話を提供することになった
しかたがないので吉川の「よかたん」に向かった
Sp4080041


P40800432






 http://www.76-2401.com/cgi-bin/yokawa/siteup.cgi?category=1&page=0
距離はあるが高速のお陰で10時過ぎに着いた
ここではゆっくり・のんびり入浴出来た
一時期TV放送の後は混雑していたが今日は
それほど多くはなかった:やはり地元の人が
多い様に見受けた
12時まで楽しむと言う大奥に従い入浴したが
さすがにのぼせるので2ステージに分けて
11時までは露天風呂中心に楽しみ
一旦脱衣所に戻り、水分補給をした
その後はサウナを中心に楽しんだ
12時前に上がると身体が暑く
休憩所で寝ころんでしまった
しかし久しぶりのスーパー温泉で
冬の間にちじこまった全身の筋肉が
柔らかくゆるんだ様な気持ちになった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

★松葉かに:2007★

★松葉かに:2007★
*12月4日:五色浜荘行き   
恒例になっている松葉カニを求めて1泊で出掛けた。
前日に愛犬をいつもの所に預けたので
当日は朝早く7時には出発できた。
出掛けるときには良い天気だったが
北に行くに従い曇りから時雨に変わった。   
舞鶴道・西紀で休憩の後、8時すぎ発。
春日から和田山への近畿道に入る。
昨年と同じルートで近く、早く感じる。
和田山で#9号線に入る。8:50頃。
1時間くらいで村岡の道の駅に着き
矢田川への入り口を念のために聞いた   
矢田川の渓流沿いに走る景色はなかなかの   
ものだった。   
川釣りにも良いところだ。   
10:30には 香住鶴:蔵元着   
早朝に出発したのでほぼ予定通りに到着   
カウンターで名乗ると可愛い事務員が
にこにこ顔で案内しますとの事。
予約時間は11時だったが   
直ぐに見学開始。
http://www.fukuchiya.co.jp/kodawari/index.html

Spac030001

Spbc001_15


Spbc001_18




山田錦、兵庫北錦、五百万石などを
使用するとの事。
麹、元=酒母、もろみ:醪で酒を造る。
ここでは生元造りで本来の味わいを
出しているとの事。 
昔風の酒蔵を予想していたが内部は
近代的な工場で温度管理の計測器や
鋼板製の大きなタンクが並んでいた。
1升びん換算で36萬本を
1年間で出荷するそうだ。
外観は和風の建て屋が見えるだけだが 
内部は清潔な化学工場だった。 
見学の後、早速生酒と木樽造りの2種を購入。
Spc190009

Spc190010




見学終了 は11:00頃。

すぐ大乗寺に向かい見学約1時間
Spbc001_19

Spbc001_22




前回で要領が判っているので
入り口の「応挙像」を見て 
正面の右手にあるくぐり戸を開ける 
お坊さんでなく今回は尼さん?
案内人の女性が2人。 
応挙の襖絵が「収蔵庫」に移送されたのか?
と聞くと 
「本物がここにあります!」
「移送は?」 
「予定だとお話しています!
移送したとはお話していないはずです!」 
「??内心なんんと堅苦しい
話し方をする人?と思った!」 
「まだ移送してない・・・
では本物をもう一度見よう!!」 
以前にも説明を聞きながら
一廻りしたはずだが記憶が 
薄れていた。
Spc190008
Spc190004




仏間を中心に農業の間、孔雀の間、
芭蕉の間、山水の間、鯉の間、
狗子の間、仙人の間、使者の間
などの名画があるがやはり孔雀の間が
圧巻である。
16枚の襖に描かれた松と孔雀が
極彩色に感じられるのは
いかにも不思議な感じがする。
金箔に墨の濃淡だけでかくも
美しい世界を作り出す。
2003年に大阪市立美術館で見た
「孔雀」萬野美術館は
文字通りの極彩色で圧倒されたが
ここの孔雀も見事としか言いようがない。
帰りがけにここの「絵はがき」を買ったが
孔雀、鯉、山水などの部分画であるが
それぞれの中心になる部分が取り入れて
ないのは残念だ。どうしたことか?
芦雪の群猿図もそうだ!
この部分がこの絵の中心だと思うが
H19126nagasawa_rosetsu
 
絵はがきはこの様になっている。

Spc190007



   
2階に「芦雪」と鴨の間があるのは
判ったがまた観覧料が   
別に要るとのことでパスした。   
薄暗い部屋の画像は見にくかった。
お寺の受付に「画集・大乗寺特集」
があったので、見るとよくわかった。   
鯉の滝上りの図:などは画集で
見る方がよほどリアルに見える。
帰宅後さらにインターネットで
探すが洋画に比して日本画は
なかなか見つからない。   
13:00香住着。   
香住の町に入り食事をするところを
探したが適当な店がないので
海岸通りに出て、前回と同様に魚港の   
「里榮」味処で食事した。   
ここはいつ来ても強い風と雨になる。
客は我々だけ。   
ブリ大根、刺身、鰹の刺身は
大きな切り身で多分初めてだ。
 
食事の後:香住発13:30
豊岡着 14:15
香住から新しいバイパスで
#178を走るとJRの豊岡駅に出て来た。
親戚の家を訪問、ご挨拶の後退出。
豊岡発 14:30
久美浜農協着・発 15:05
浜詰め五色浜荘着15:30
チェックインしてから近くの外湯
「花ゆうみ」で入浴。   
  http://www.hamakan.info/hanayumi/top.html
浜詰温光協会に加盟する旅館が2005年に
街づくりのために作ったらしい。
開放感のある大浴場や滝の流れる露天風呂、
浴場半身浴(寝湯)を楽しんだ。
敷地の中には花庭園、
グラウンド・ゴルフ場などがある。

駐車場についたら丁度あられ・しぐれが上がり
大きな虹が架かっていた。
Spbc001_28

Spbc001_32

Spbc001_39




夕食の前にいつもの魚屋でカレイの
一夜干しを予約。
所が今回は海が荒れていて
しばらく漁が出来ないとの事。
明日入荷する物だけ持ち帰り
後は後日送って貰う。
夕食は松葉蟹のてんこ盛り。
とろっとした刺身、濃い味のみそ、
焼きがにの香りなどで満腹、満腹。
Spbc001_40

Spbc001_44




12月5日:
昨日の魚屋に行き宅急便の手配をする。
活きの良い松葉やこっぺが
店先に並んでいた。
注文をするとその場でゆでてくれる。
Spbc001_51
Spbc001_48
Spbc001_49




    
9:15五色浜発
(昨日の走行距離231.5km)
帰途時間に余裕があるので
「コウノトリの郷」に立ち寄った。
シーズンでもあるので自家用車、
観光バスが駐車場に満杯になっていた。
丁度「コウノトリの郷」の前の畠にある
人工ポールに放鳥された
こうのとりが休んでいた。
Spbc001_70
Spbc001_58
Spbc001_61




Sqp10100_13

Sqp10100_12




こうして見ると随分大きい。
「コウノトリの郷」見学終了 10:55
一路舞鶴道の西紀まで。
ここで休憩・昼食 
息子の家に立ち寄り土産を手渡し、
自宅に無事帰着。
15:15。走行距離408.5km

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

★スーパー銭湯・よかたん★

★スーパー銭湯・よかたん★
我が家の「大奥」はスーパー銭湯がお気に入りだ!
普段は近くのスーパー銭湯に行くが
先日MBS毎日放送の「暮らしカルマガジン・みかさつかさ」で
「炭酸泉の秘密・スーパー銭湯大特集!」
と題して「吉川温泉よかたん」が紹介された。
以前から噂を聞いていたので大奥と共に出掛けた。
Sp2220012




幸の湯:岩風呂 / 福の湯:檜の2区画
があり、週代わりで男湯、女湯として
入浴出来る。今週は男湯が福の湯だった。
一旦大浴槽で身体を暖めてから檜の源泉に入った。
Sp2220017




温度は36.5度で初めはぬるく感じるが徐々に
身体に暖かさが滲みるようになる。
常連さんの話によると炭酸が強いので湧き出し口に
近い所で長湯すると気分が悪くなる事があるそうだ。
また源泉の炭酸泉では皮膚に細かい泡が付着するが
代謝の良い人の方が多く出るそうだ。
Sp2220019




常連さんは代謝が良くなり胃腸の働きが快調に
なり、また皮膚に付く泡も多くなるそうだ。
常連の人も多い様だしTVのせいで遠方から
来る人も多い様だがその割には浴場内の
総面積や設備の種類が少ない。
都市型のスーパー銭湯には収容人員の多い
楽しめる設備の多いものがあるがこれらと
比較すると見劣りがする。
Sp2220006




それでも「炭酸泉」に魅力を感じた
「大奥」はまた出掛ける!!と
ドライブを所望されている!!
Sp2240002




山田錦の販売店で求めた
純米吟醸・にごり酒がことのほか
喉にしみる!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

★夏のスーパー銭湯★

★夏のスーパー銭湯★
先日久しぶりにスーパー銭湯に行った。
大浴場のしきり窓が全開されている。
窓からは中庭が見え、さながら露天風呂
に入っているような景色。
窓からは植え込みの木々が見える。
近景には灌木、色々な花、右手からは
大きな紅葉の枝が深い緑を見せる。
遠景には左手に瓦葺きの屋根、
正面には茅葺きの屋根が見える。
もちろん人工の造園だが自然の景色を
見るようだ。
風呂につかり自然の景色を堪能する気分!!!
身体の力が抜けて、リラックスできる。
これが人気の秘密のようだ。
此の他にも流し湯の浴槽やジェットバス、塩サウナ
ステイームサウナなど至れりつくせりだ。
裸で昼寝が出来るデッキもある。
冬の間は暖かい温泉気分で熱い温度が嬉しいが
夏の間は体温?が高いせいか浴槽の温度がそれほど
熱く感じない。
或いは温度を低く設定してあるのだろうか?
夏の入浴サイクルは大浴槽;ジェットバス;
塩サウナ;デッキで昼寝:
その後身体を洗いひげ剃りを
してもう一度ワンサイクル:
これで大体1.5~2時間になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

★スーパー銭湯(2)

 ★スーパー銭湯:(2)
数日前に書いた物です:1月17日(火)に
また奥さんに引かれて、スーパーに行きました。
買い物では有りません。健康維持と管理が
目的です?今日はいやに空いているので
おそるおそる掛け流しの浴槽に近づいた。
いつもの常連と思える、おじさんが居たが
目を会わさず「おはよう御座います!!」
独り言の様な小さい声を掛けて入る。
なんと二人だけ!しばらくすると一人追加で
3人だ。身体が暖まると「ホー!」「暑いね!」
とかなんとか言いながら話が始まった。
塩サウナの塩は?伯方の塩?天然?輸入の岩塩だよ!
****HPで確認すると*****
蒸発釜で結晶させた塩を「水切り」する。
釜から塩と水分とが交じり合った状態
(スラリー)のものをポンプで抜き出して、
水分をたらし、塩の結晶と水分とを分けます。
遠心分離機を使って水分を脱水する方法も
ありますが、「伯方の塩」は自然に水分を
垂らしながら温度も下げる事で、「にがり」
が塩に残るよう工夫しています。
**********************
とあるからやはり天然の海水から作った物だよ!!
その後ジェットバス、ドライサウナもがら空きで
殆ど貸し切り状態。聞けば昨日はシニア
サービスの日で来場者には無料券がもらえる
特典が有るため満員で大変だったそうだ。
それで今日はガラガラ!!お陰で今日も
たっぷり、のぼせるまで風呂を2時間楽しんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

スーパー銭湯

★スーパー銭湯:
この文章は昨日書いたのですが
投稿が今日になりました。
============
最近家内がスーパー銭湯に行く:
以前から近くの銭湯に出掛けて
暖まるのを健康維持の一つと言いながら
出掛けていた。
私も一度は銭湯に付き合ったが
何の面白みも無いので一度で
お付き合いは止めたがこの
スーパー銭湯はなかなか面白い。
自宅から車で15分程度の住宅地の
中なので「お近くの銭湯」の様な感じで
行ける。設備はかなりの物で
掛け流しの温泉浴槽、サウナ、
塩サウナ、各種のジェットバス:
それにマッサージ、垢すり、
併設して食堂等もある。
何よりも銭湯の楽しみ方が変わった。
それも初めは家内との時間待ちの
都合で2時間をどうして潰すかが
大変だった。しかし何カ所もある
浴槽などで身体を暖めたり、
冷やしたりしていると、
ほんとに新陳代謝が増進される
ような感じに成る。
暖めると全身から汗が出てくる。
数回の経験で丁度1サイクルで
2時間になるようなコースデザイン
も出来た。今日も二人の時間が
空いていたので、朝から
「スーパー銭湯」に出掛けた。
昼食を済ませて帰ってくると
全身から力、灰汁が抜けて
しまう様な感じになっている。

| | コメント (1) | トラックバック (1)