カテゴリー「DVD」の記事

2015年3月 3日 (火)

★DVD-FLICK:動画オーサリング★

★DVD-FLICK:動画オーサリング★   
Win8を使い始めて気がついたがH2733dvdflick02
以前の「DVDメーカー」が同梱されていない。
動画をDVDに焼く手順を検討して
簡単・容易な「DVD-FLICK」
を使っている。
DVD-FLICKの使い方
DVD-FLICKの日本語化
ROXIO・CREATORの使い方
の手順をHPにアップした。
http://pcabc.mikosi.com/DVD-Flick/newpage1.html

http://pcabc.mikosi.com/DVD-Flick/newpage2.html

http://pcabc.mikosi.com/DVD-Flick/newpage3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

★DVDメーカー:DVDFlick★

★DVDメーカー:DVDFlick★
知人が動画をDVD-Discに焼きたいと言う。     H26323dvdflick
PCは新しいwin8。
今までに良く使っていたDVDメーカーを
探したが見つからない。
WEBで確認するとwin8以降には無くなった様だ。
それでは・・・オーサリングはどうするか?
以前に使ったことのあるDVD-Flickを試した。
http://dvd-flick.softonic.jp/
【D/Lと日本語化】
http://chidejicopy.crap.jp/dubbing/dvdflick.html
【詳しい使い方あり】
http://chidejicopy.crap.jp/dubbing/dvdflick_02.html
DVDメーカーと使い勝手は違うがなんとか出来た。
知人は英語が不得手なので日本語化も探して
実現できた。
http://dvdflick.popup.jp/?page=download
動画の拡張子については理解出来ない所が
多いので・・・
これでなんとか説明してトライしてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

★デジカメ:動画:DVD作成★

★デジカメ:動画:DVD作成★      Dvd31
最近のデジカメは動画撮影にも対応している。
先日ある会合で静止画と動画を撮影した。
初めてなので試行錯誤もあったが
次の手順でDVDを作成することが出来た。
1)連続した数枚の静止画を
「Winムービーメーカー」を使いムービー化した。
「読み込み」→「画像」で数枚読み込んだ。
 BGMも入れた。
 音楽トラックの上で右クリックすると
 メニューが出るので
 フェードアウトの効果も入れた。
「ファイル」→「ムービーの発行」→
「どこにムービーを発行しますか?」
「このパソコンで使う」を選択すると
「ビデオ」フォルダーに「***wmv」として発行される。
2)動画について;
 オリンパスのデジカメで撮影した動画は
 拡張子がMOVになっている。
 これはMSのDVDメーカーでは認識されない。
 *MOV→AVI変更を「FreeVideoConverter」で変換した。
(wmvに変換しても良かったのだが・・・)
3)複数の「***wmv」と「***avi」を順次
 「WinDVDメーカー」に読み込んで1本のDVDに書き込んだ。
*********
「WinDVDメーカー」で認識される拡張子は
 Avi ;mvw;mswmm;・・・
 Mp4は認識されない。
★MSムービーメーカーで認識出来る拡張子
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/movie-maker-file-types-faq
★MS DVD メーカー:詳しい説明
http://www.gigafree.net/media/dvdconv/windowsdvdmaker.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

★DVDShrink:RoxioCreatre★

★DVDShrink:RoxioCreatre★
久しぶりに音楽DVDをコピーした。
以前の手順を確認して始めた。H251117dvd1
RoxioCreatreではDiscのコピー
;イメージの作成
;イメージの書き込み・・・
が一連の操作で出来るようだ。
しかし使い慣れた操作が安心出来る。
1)DVDShrink:
 (音楽DVDからISOイメージを作成する)
 *起動する→DVDDiscをセットする
  (MediaPlayerが起動したときには終了する)
→Discを開く→分析(約10秒)
→バックアップ
:ISOイメージファイルを選択
:出力フォルダーを選択
 →「OK」
 約5,6分で終了
2)RoxioCreatre:
 (ISOイメージをDiscに書き込む)
*起動する→ブランクDVDDiscをセットする
→イメージの保存先を選択する
→「イメージの作成」ボタンをクリックする
 約10分で終了
******************
短時間で出来るので有難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

★DVDメーカー:YouTube★

★DVDメーカー:YouTube★
昨日に続いてもう1本、YouTubeから
JazzLiveをD/Lした。
今回は昨日と同じ「Aviファイル」
だがWinDVDメーカーでDiscに焼付けが出来た。
Aviの中のデーターが違うのだろう?
所要時間は、やはり
YouTubeからのD/L≒40分
Discへの焼付け≒1H40min
だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

★JAZZ LIVE:YouTube★

★JAZZ LIVE:YouTube★
久しぶりにJazzLiveをYouTubeからダウンロードした。     Sh25424anyvideo
Area61で約30分程度だったと思う。
いやもう少し長かったかもしれない。
出力形式はAVI(高画質)にしている。
これをWindowDVDメーカーでDiscに焼く
手順をするがどうしても出来なかった。
理由は不明。
(映像・DVDの内容は未だに理解できない)
それで「AnyVideoConverter」を使った。
最新のVerがVer.5.0.3になっていたので、D/L・更新した。
この出力設定は「I-pod系」や「Android系」
などにも対応するように変更されている。
元DATAは1H48min位の動画だが
DVD-NTSCに変換するのに
約100分掛かった。
画質:High(LargerFileSize);動画サイズ720*480
この変換が終わるとDiscへの焼付けの画面が表示される。
DVD-Discを挿入して、「Burn」をクリックすると
先に進む。
但し前段のNTSCへの変換も焼き付けの段階でも
動作の進行状態を表示するスライド表示が
反応が遅いのが気になる。
焼付け;BURNは約40分で終わった。
FileSize≒3,539,346KB だった。
これでまたJAZZFestivalがサラウンドで聞ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

★YouTube:拡張子:変換★

★YouTube:拡張子:変換★                                           Dvd01
YouTubeをD/LしてDVDに焼いて、
TVの大きな画面で楽しむ。
WinDVDメーカーはWMVに対応しているはず・・・
だが、YouTubeからD/LしたWMVを
WinDVDメーカーで操作しても
中断して、エラーメッセージが出る。
1)WMV3本をWinDVDメーカーで
 DVD-Rに書き込む操作をしたが途中でエラーメッセージがでた。
 そこで・・・
2)AnyVideoConverter3.5.8を使いDVDに書き込みをした。
 YouTube→WMV→AnyVideoconverter→DVDへ書き込み:となる
3)AnyVideoconverterを起動して
  *「動画を追加」 をクリックする
  *右上辺の出力形式をクリックして
   「DVD(NTSC方式)」に変更する。
4)これでDVDに書き込みは出来るがオーサリング・編集は出来ていない。
★そこで
一旦WMV→AVIに変換した。
YouTube→WMV→AnyVideoconverter→AVI:となる
これは3本とも最速で変換出来た:
*映像時間は約22分:この変換は合計5分程度:
この際拡張子がーxvid.aviに変更されている。
★このaviを使い→WinDVDメーカーで書き込み、操作する。
3本のaviの書き込みが出来た。約23分:
画像の劣化・性能・規格は不明だがAnyVideoconverterは速度が早い。
これで一応編集・オーサリング出来たので
メニュー・シーンの切り替えも出来る。
*************
★WinDVDメーカーでWMVを書き込みの出来るものも、
 出来ないものもあるようだ。
これは以下の理由のようだ。
ネットの情報では・・・
動画拡張子はいわば「コンテナー」の様な容器らしい。
「動画ファイルの中では、映像と音声はコンテナ
という1つの箱のようなものに格納されています。
wmv、avi、mpeg(mpg)などの拡張子がその容器です。」
「しかし、拡張子だけではその映像がどのように
圧縮されているか(コーデック)はわからない。
つまり、動画自体の圧縮形式と格納する入れ物は
区別して考える必要がある。」
・・・と云うことらしい。
★WMV(Windows Media Video)はマイクロソフトが開発した
 動画形式で、中にWMV形式で圧縮された動画が
 入っているということです。
 この拡張子がついているファイルは
 ASFと呼ばれるコンテナにWMVで圧縮されたファイルが入っています。
★AVIはAVIコンテナであるということを示すだけです。
 中にどんな圧縮方式の動画入っているのかはわかりません。
 AVIコンテナは様々な形式を格納することができます。
 主に格納されるのはDivxやMPEG4などです。
 *******
今のところ以上のように理解している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

★DVD作成:YouTube★

★DVD作成:YouTube★
いつものようにArea61で音楽動画を2本D/Lした。
これをDVDDiscに焼く。
動画の拡張子の理解が不足なので、いつまででも試行錯誤となる。
【1】DVDメーカーでは複数のAVIを書き込み出来るはずなので、
YouTubeからAVIでD/Lした。
【2】2本のAVIをDVDメーカーに
取り込みは出来たが途中でソフトが停止する。
理由は不明。
(Winムービーメーカーでも出来なかった)
【3】仕方がないので単純に・・・
1本づつ1枚のDiscに焼くことにした。
【4】最初の1本:
これをAnyVideoConverter→NTSCへ変換後焼付けした。
①AVI→NTSC変換(約15分)、
 Disc書き込み(約7分)
(このファイルの仕様: 作品:14:40の演奏;
25FPS;640x352;Divx
ファイルサイズ=414146KB)
【5】2本目のDVD:
 先の1本と違う方法と考えて
①「DVDFlick」を使った。
AVI→変換;すると図の画面が出てきてH24106dvdflick1
オーサリングまでしてしまった。
結果は「Video-TS」が出来た。
【反省】
http://www.gigafree.net/media/dvdconv/dvdflick.html
ここを良く読んでから設定すれば
ISOに変換する事も、
直接Discに焼くことも可能だった。
複数のファイルも可能。
②上記で出来た「AUDIO_TS」フォルダと
「VIDEO_TS」 フォルダを
Discに単純に、コピーしたが
「DVDプレーヤー」では試聴出来なかった。
(これも理由は不明)
③しかたがないので「DVDShrink」
でISOに変換。(数分)
④さらに「Roxio」でDiscに書き込み(約3Min)
これでDVDプレーヤーで試聴出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

★Youtube:AnyVideoConverter:DVD作成★

★Youtube:AnyVideoConverter:DVD作成★
かなり以前からYoutubeへのアップロードの
時間制限15分が限定的に廃止された様だ。
それでいろいろ見てみると1時間以上のH2495anyvideo1
ライブ・コンサートなどが多数鑑賞出来る。
いつも使っている「Area61」でD/Lしてみた。
映像時間が1時間数分のものをD/Lするのには
約40分ほど掛かった。
設定は「FLVエンコード高画質」「H264優先」 
などにした。
またこれをDVD形式に変換・コピー
するソフトに「AnyVideoConverter」を使用した。
http://jp.any-video-converter.com/any-video-converter-free.php
これで「変換」するのに約70分、Sz2
さらにDiscへの焼付けに約15分程度。
詳しい使い方は:
http://donkichirou.blog27.fc2.com/blog-entry-75.html
強力なソフトで直接YoutubeからD/Lも出来るようだ。
DVDBurnのソフトもセットされているので
一連の作業で完成出来る。
また別途、AnyVideo Converterで                                    Sz8
1時間強のビデオ(H264; 640*360;30fps)を
WMVv9(640*480;768ビットレート)
に変換すると約90分掛かった。
非常に多機能のソフトだがかなりの時間が掛かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

★DVD-Shrink:大活躍★

★DVD-Shrink:大活躍★   H24216vob
最近DVDShrinkを多用している。
【1】一つは知人に頂いたVideoのデーター。
最初VOBを直接「ムーヴィーライター」、「WinDVDMaker」、
DVDメーカー等でDiscに書き込めば
DVDプレーヤーで試聴可能と思い、
いろいろトライしたが出来なかった。
ここで「DVD Decrypter」や「AnyVideoConverter」などで
拡張子を変更することも試行した。
【2】余計な廻り道をしたが結局、「DVDShrink」を使えば
  簡単でしかも短時間でできることが分かった。
【3】手順
1)VOBデーターをDVDShrinkで「ファイルを開く」
 →ISOイメージに変換する。約5分
2)保存場所のISOアイコンをクリック→
  「RoxioCreater」が自動起動→
  DVDDisc挿入→H24222dvd1
  スタートボタンクリック→
  約15分で書き込み終了→
3)DVDプレ-ヤ-で試聴。確認出来た。         

またDVD映画の予備を作るのに
威力を発揮している。
この時には「デイスクを開く」からISOを作り
ROXIOでDVDDiscに焼き付ける。
随分短時間で作業が進むので有難い。
DVDShrinkの詳細は昨年HP
「気ままなシニア(PC編)」にアップした。
http://pcabc.mikosi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)